Vol.21 女性が男に見られて本当に恥ずかしいパーツとは? - ハプニングバー「B-DASH」ビーダッシュ公式サイト

来店
予告
Column愛莉の顔面騎乗目線
 

Vol.21 女性が男に見られて本当に恥ずかしいパーツとは?

『B-DASH』姉妹店になる

新宿歌舞伎町ハプニングバー

『アグリーアブル』ブログ

Gジィさんというヒトが、

 

「女性が男性の眼前で一糸纏わぬあらわなオールヌードとなり、

舐め回すかのごとくに粘膜質な視線で全身を “視姦”

されちゃった際、羞恥心のあまりつい頬を赤らめてしまう

ような体のパーツとは一体どこなのか?」

 

…みたいなことを書いていて、

アイリもふと、

 

「ジブンだったら

どこなんだろ…?」

 

…と、しばらくのあいだ…考え込んじゃいました。

 

Gジィさんってヒト曰く、正解

 

「自然体で

直立したときに

隠れるパーツ」

 

…なのだそう。

 

ナルホドね♡ まずは当たり前だけど

 

「女性器」

 

──「自然体で直立」したら、

両太ももに挟まれて隠れちゃうから! あとは

 

「横腹」

「下乳」

「内もも」

「足の裏」

「ワキの下」

 

…ってとこかな? 

 

たしかに、アイリも…とくに

 

「ワキの下」

 

…はヘタすりゃ「女性器」よりも、

ジッと見られたり舐められたりすると…

 

「かなり恥ずかしい」

 

…デス♡ だから、

 

「両手首を

頭の上まで持っていって

ギュッと押さえつけられる」

 

…だけで、なんとなく

 

「緊縛」

 

…されてるみたいな気分になって、

アソコがジュンとしちゃう♡

 

でも、チョット待って!!! んじゃ、

 

「乳首」

 

…は一体、どう説明すればいいの???

 

アタシだったら、

なんらかのやむをえない事情

全裸姿をさらさなきゃいけない場合──

(※まあ、そんな「場合」は滅多にないんだけどねw)

まずは片方の手のひら

股間を隠してから、

もう一方の手の肘から下

二つの乳首を隠しちゃう…。

 

でも、Gジィさんってヒトの話によると…

 

少なくともここ日本において、「女性が乳首を隠す」という文化の歴史は意外と浅く、1853年(嘉永6年)にペリーが率いる黒船が来航するまでは“日本人の裸に対する羞恥心”は極めて薄く、たとえば公衆浴場では男女が堂々と混浴しておりました。

 

ところが、こうした風潮を西洋人は「品位にかける」と批判し、その影響から「混浴禁止法」が発令。ここらあたりから日本人の意識改革が急速にすすみ、やがて女性の乳房や乳首は“隠す”のが“常識”となり、その存在は次第に性的へと…。さらには戦後の洋装普及とともに「ブラジャー」が登場し、乳首の秘匿性はますます高まっていったたわけです。

 

…とのこと。つまり

 

「自然体で

直立したときに

隠れるパーツ」

 

…が本能的な部分

見せることを拒絶しているのに比べ、

「乳首」後天性の、いわば

 

「道徳的な圧力(?)

 

…によって隠すことを

 

「推奨」

 

…されているだけ…なのではないのか…

って仮説が成り立つんだって!?

 

う〜〜〜ん…チョットだけ納得しちゃったなぁ♡

だけど、アタシも含めた

(おそらく)100%にいたる男女にとって

 

「乳首」

 

…が、性感帯であることは

動かしがたい真実なわけで、

しかも(男子と違って)(=乳房)

てっぺんに位置する、

もっとも敏感な部位を、

つい条件反射的に隠しちゃうのも

女子ならではの

 

「防衛本能」

 

…の一種なのかもしれませんネ???